TOP

就活に役立つ情報を配信しています。

いろいろな求人倍率

求人倍率とは、仕事を探している人一人に対し、何件の求人があるか示すもので、経済指数の一つです。この倍率が多ければ多いほど、求人が多いということになり、企業は人を求めているということになます。つまり景気が良いということになるのです。求人倍率は公共職業安定所で当該月に新たに受け付けた求人数の合計数を、当該月に新たに受け付けた求職者数の合計数で割った新規求人倍率。先月から繰り越した求人数に、当月新たに発生した求人数の合計を、先月から繰り越した求職者数に、当月新たに発生した求職者数の合計を割った有効求人倍率。学校と公共職業安定所で扱われた求人情報を元に作られる高校・中学新卒者の求人・求職状況。この3つは公共職業安定所が関わっていることもあり、厚生労働省から公表されています。また大卒求人倍率というもの存在しています。これは厚生労働省の公表ではなく、民間であるリクルートワークス研究所が、1984年から調査・公表しています。

気になるweb業界の仕事の面接

Web業界の職種に就こうと思い、就職活動を行っている方も多いでしょう。Web業界を目指す理由としては、現在、スマートフォンやタブレットが普及しているように、Webに関するIT情報系の仕事が賑わっています。その中で、今後も需要が高まると予想されることから、応募する人も増えてきています。応募した後にあるのが面接ですが、その中でどう上手く伝えられるかが大切になってきます。学生時代に、web関係の学校に行っており、ある程度知識が身についている人であれば、学校の先生などから面接の際に強みになる情報など教えてもらえますので、その情報を元に面接に備える事が可能です。未経験の場合は、何も知識がない状態からのスタートになるので、独自で調べて、まずはwebに関する知識を身に付ける必要があります。また、積極的に採用を行っている企業も多くあるので、未経験だからといって、諦める必要はありません。ただ、どちらの場合も、実際に面接に行ってみないと分からないというのが事実です。インターネットで求人のホームページでWeb業界の仕事を検索をすると、本当に多くの企業がヒットします。募集人数が少ない企業について、ネットで応募するときに経歴などから判断されて面接まで持っていけない場合もありますので、応募の段階から丁寧にすることがポイントになります。WEBディレクターという仕事がありますが、この仕事はクライアントと、どのようなサイトにするかなど値段交渉や希望に添った提案などのヒアリングからディレクション、納品までを行います。この仕事内容で共通していることは、必ず人との関わりがあるということです。そういうところで、コミュニケーション能力が必要になりますので、身に付けて面接の際にアピールしておきましょう。また、営業経験や計画マネジメントなどに関わったことがある人は、採用されやすいです。服装については、web業界では私服で仕事をしているところも多くあるので、私服でも大丈夫と言われるところもありますが、なるべく清潔感のある格好で挑みましょう。また、web企業は、若い会社も多くあり、面接官の年齢も若い場合がありますので、リラックスして面接できるでしょう。業務について質疑応答があると思いますが、とにかく前向きに頑張る姿勢を見せることが大切です。そうすることで、根性があるな、精神的に強いなと判断されることがあります。また、面接を有利に進めるために、自分の作品があれば、積極的に見せるようにしましょう。面接が終わってからは、受験した会社から連絡があり、内定との報告を受け取ります。一つ目の会社で内定を受け取れることもあれば、いくつか受けて内定をもらえる場合もありますが、気になる企業があれば積極的に応募してみましょう。tosi.biz

Flashデザイナーとして一歩を踏み出すための面接

WEB業界では様々な職種で求人が出されています。経験者・未経験者共に、新しい人材を確保しようと採用試験が行われており、また、WEB業界への就職・転職を目指している人も非常に多く、人気があります。WEBデザイナーを希望する場合に、最近ではFlashデザイナー募集となっていることがあります。これは、その名の通り、Flashを駆使した業務に特化した職種であり、以前に比べてその需要は増えてきています。WEBデザイナーではなく、あえてFlashデザイナーと称されるだけに、より高度なFlashデザイン能力・プログラミング能力を要求されるものであり、その道のプロフェッショナルとして常に勉強し腕を磨いていくことが必要です。最近のWEBサイトやホームページではFlashによる動画やアニメーションが使用されていることが多く、その完成度やデザイン性・オリジナル性の良し悪しにより評価されると言えます。それだけ大切な役割を担う人物の採用には、他の職種以上にシビアに行われる可能性もあります。特に面接に関しては、デザイナーとしてのスキルと共に、センスを見極めようとされる場であると考えましょう。知識や技術だけではデザイナーは勤まりません。加えて、その個性や独創性とクライアントからの要望も踏まえてバランス良く、かつ人目を引く魅力的なデザインが出来ることが求められます。面接では基本的なアピアランスや礼儀・言葉使いをわきまえた上で、自分なりの工夫をしてみるのも良いでしょう。一般的には面接の際の服装はスーツですが、私服で良しとしている企業もあります。社会人として相応しく、あまりに奇をてらっていない範囲で、個性を発揮することもできます。服のセンスに自信があるようでしたら、人とは違うオシャレをして面接に臨むことも、一つのアピールです。センスの良さで一目置かれるようでしたら、それを話題に盛り上がったり、面接官に強く印象に残る可能性もあります。また、質問に対する答えも、マニュアルに書いてあるようなありがちなものよりも、言葉の選び方から考え方・話し方も、他にはない独自の受け答えが出来ると効果的でしょう。その会社の社風や面接官の考え方にもよりますが、少しでも面白い人材・興味の持てる人材であると認められることが良い結果に繋がることは少なくありません。この人に仕事を頼みたいと思ってもらえれば採用に一歩近づくための面接は成功でしょう。